血糖値を下げるにはサプリの力を借りよう|手軽に購入できる

ドラッグ

糖質の量と糖尿病予防

緑のサプリ

血液中に残った糖質

糖質は、三大栄養素のひとつとされているほど、体にとって必要な栄養分です。そのため食べ物で摂取した糖質は、血液に溶け込むことで、全身に届けられます。この間は、血糖値が高い状態となります。しかし運動不足になっていたり、糖質の摂取量が多すぎたりすると、血液中の糖質はしっかりと使われません。すると多くの糖質が残ったままとなるので、血糖値の高い状態が続きます。これが糖尿病の原因となるのですが、昨今ではその予備軍となっている人が急増しています。そのため多くの人が、予防のために血糖値を下げるサプリを飲んでいます。具体的には、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸のサプリ、カテキンやサポニンなどのポリフェノールのサプリです。

運動や食事における工夫

これらのサプリを飲むことで、なぜ血糖値が下がるのかというと、血行が良くなるからです。糖質は血液によって運ばれるわけですから、血行が良くなればそれだけしっかりと供給されるようになります。つまり体の末端まで糖質が届けられ、その分消費量も増えていくわけです。また、血液を流すという力にも糖質が使われるので、血液が流れれば流れるほど、糖質は減っていくのです。もちろん、サプリに頼るだけでなく、生活習慣を改善することも大事です。積極的に運動をすれば、体を動かすエネルギーとして糖質が多く使われますし、暴飲暴食を防げば、糖質の摂取量が減ります。いずれの場合も、血糖値が下がっていくことになるので、糖尿病の予防効果が出てきます。